ウーマン

近年注目を集めている金の糸を使ったアンチエイジング治療

新しい肌細胞を増やす治療

笑顔の女性

美容外科ではしわ対策やシミ対策として、新しい肌細胞を増やすための、プラセンタや自己血小板の注入がおこなわれています。新しい細胞が増えれば、しわもシミも生じにくくなるのです。しかも劣化した肌細胞が減少することから、既に生じているしわやシミも消えやすくなります。また、安全性の高さからも注目されています。

詳細を読む

年齢を感じさせない肌に

頬に触れる女性

頬のたるみは、加齢に伴うコラーゲンの減少に原因があります。ヒアルロン酸注入は手軽で人気があります。コラーゲンを作り出す繊維芽細胞を刺激する方法も多くあり、レーザーや注入で頬のたるみを解消することができます。

詳細を読む

若返りのための注射

注射器

プラセンタ注射とは、細胞分裂を促進するプラセンタを体内に注入するという施術です。これにより新しい細胞が増えれば、体は若返っていきます。ただし十分に効果を得るためには1週間に1回ずつ、2ヶ月間プラセンタ注射を続けることが大事です。また、その後も1ヶ月に2回ほど注射すると、効果が持続しやすくなります。

詳細を読む

若々しい肌に

看護師

刺激によるターンオーバー

美容外科では、若々しさの維持を希望する人のための、様々なアンチエイジング治療がおこなわれています。そしてその中でも特に注目されている治療が、糸を使ったフェイスリフトです。これは、複数の糸を顔の肌の内部に埋め込み、縦横に交差させることで、たるみを改善するという治療です。交差した糸によって、肌や皮下脂肪が持ち上げられれば、顔はたるんだ状態ではなくなるのです。そして美容外科の中には、このフェイスリフトに金の糸を使用しているところもあります。金の糸は、通常の糸よりも体に与える刺激が強いため、肌はそれを排除するためにターンオーバーをさかんにおこなうようになります。ターンオーバーとは細胞の生まれ変わりのことですから、新しく生まれた細胞により、肌は一層若々しい状態になっていくのです。

他の治療を受ける際の注意

このように金の糸を使ったフェイスリフトでは、リフトアップ効果に加えて美肌効果も期待できるのです。しかしその反面、美容外科での他の治療を受けることが難しくなります。たとえば、レーザー治療やサーマクールといった、肌に熱を与える治療です。金属には熱を吸収しやすいという性質があるので、金の糸を埋め込んだ場所に熱を与えると、その部分が過剰に熱くなることがあるのです。それにより施術中の痛みが増したり、施術後の赤みが強くなったりする可能性があります。そのためこういった治療を受ける場合には、あらかじめ美容外科側に、金の糸が入っていることを告げる必要があります。すると医師は、金の糸の場所を確認しつつ、安全な方法で施術するようになるのです。

イチオシリンク

  • サローネファミリア

    簡単に利用することができるので、ニキビを福岡で解消したいと思っているならこちらからとなるので確かめてみましょう。
  • ニキビが治せる福岡の美容皮膚科カタログ

    ニキビなら福岡で簡単に相談できるところを選んでみるといいでしょう。詳細が知りたいならこちらをからとなっているので見てみよう。