女性

近年注目を集めている金の糸を使ったアンチエイジング治療

年齢を感じさせない肌に

頬に触れる女性

コラーゲンの減少で

年齢とともに気になるのは肌のハリだけではありません。頬のたるみも気になる悩みの一つです。頬がたるんでしまう原因は、頬の内側の脂肪を支えるコラーゲン繊維やエラスチン、ヒアルロン酸などが年齢とともに減少してしまうからです。すると、支えきれなくなった頬の脂肪が下垂し、そのたるみが鼻と口元を結ぶほうれい線にかかり、深いしわを刻んだように見えてしまうのです。そのため、美容外科では頬のたるみを解消するために、様々な方法が用意されています。即効性があって手軽なヒアルロン酸の注入は、ご存知の方も多いかもしれません。直接気になる部分にヒアルロン酸を注入して内側から頬を支えたるみを解消する方法です。ヒアルロン酸は副作用もなく安心して使用することでき、人気があります。

ハリのある肌再生に

頬のたるみを作ってしまう原因は加齢だけではありません。紫外線や乾燥なども、皮下のコラーゲンを減少させる原因になってしまいます。コラーゲン繊維やヒアルロン酸を皮下で作り出しているのが繊維芽細胞という細胞です。これを活性化させることで、体内で作りだすコラーゲンやヒアルロン酸の量を増やし、たるみの解消を図る、という方法もあります。特殊なレーザーや高周波を使用して皮下組織を刺激し再生を促進させる方法もあります。また自分の血小板から作った成分を注射して繊維芽細胞を活性化するPRP血小板療法という方法も有名です。さらに近年は、繊維芽細胞増殖因子を注射して、繊維芽細胞を増やし、コラーゲンを増殖させる肌再生FGF注入療法という治療法も効果が高く注目を集めています。